超新星爆発

超新星爆発

大質量の恒星が、その一生を終えるときに起こす大規模な爆発現象を超新星爆発という。その明るさはときに銀河全体よりも明るくなることがある。超新星爆発が発生すると、強烈なガンマ線が放たれるため、半径5光年以内の惑星表面に住む生命体は絶滅し、50光年以内の惑星に住む生命体は壊滅的な打撃を受けるとされている。

「超新星爆発」に関する記事一覧

気になるニュース

ベテルギウス、やはり超新星爆発の予兆?

オリオン座の赤色超巨星ベテルギウスは、2019年末頃から2020年2月までの間に大きく減光し、超新星爆発の前兆ではないかと大きな話題となっていました。しかし、その後2月末には減光が完全に止まり、増光に転じ始めたため、この現象はベテルギウス...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました