不正受給

不正受給

不正受給とは、年金や生活保護のような給付を不正に受け取る行為のことで、適切でない内容を申告して資格がないにもかかわらず受給したり、状況を偽って本来支給されるべき額より多額の給付を受けたりします。不正受給を行うと刑法の「詐欺罪」などに問われます。

不正受給では、生活保護の受取りや介護給付などで問題となることが多いですが、2020年はそれに加え、持続化給付金の給付に対しての不正が相次いでいます。そのため、経済産業省では「持続化給付金の不正受給は犯罪です」と注意喚起しています。

不正受給に関する記事一覧

社会・暮らし

パパ活で持続化給付金100万円に批判続出

持続化給付金の不正受給の問題が相次いでいますが、このたび小学館が運営するマネー情報サイト「マネーポストWEB」に『パパ活女子でも100万円受給できたカラクリ』と題する記事が24日に掲載され話題となっています。 記事では、ツイッターで...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました