かなとこ雲

かなとこ雲

かなとこ雲は、成長した積乱雲のうち、頂上部分が広がって平らになっているものです。金属加工などで用いる金床(かなとこ)に形状が似ていることからこのように呼ばれており、別名で「朝顔雲」「傘鉾雲」「アンビル」などとも呼ばれます。

通常、積乱雲は強い上昇気流によって上に向かって成長していきます。しかし、高度10km前後には対流圏界面と呼ばれる対流圏と成層圏の境界あり、積乱雲はこれ以上、上には成長できません。そのため、この領域に達した積乱雲は横へと広がり「かなとこ雲」と呼ばれる形状に発達します。

かなとこ雲の下では、雷を伴った激しい雨風となることが多いので注意が必要です。

かなとこ雲に関する記事一覧

気になるニュース

東京上空に巨大な「かなとこ雲」

30日夕方、東京や神奈川、埼玉など関東南部で巨大な「かなとこ雲」が現れました。 この巨大な雲を目撃した人は大地震の前触れではないかと心配する人もいました。しかし「かなとこ雲」は、空高く限界まで発達した積乱雲で地震雲ではありません。こ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました