パソコン記念日

昔のパソコン(イラスト) 社会・暮らし

1979年(昭和54年)9月28日、日本電気株式会社(NEC)がパーソナルコンピュータPC-8001(PC-8000シリーズ)を発売したことを記念して、この日は「パソコン記念日」とされています。ただし、NECの公式見解では、発売日は9月とされているのみで、正確な日付は記されていません。

当時、日本で発売されていたパソコンのほとんどは、半完成品(セミキット)でした。しかし、NECのPC-8001は本格的な完成品として登場し、ハード・ソフトともに高い機能と完成度を有していました。そのため、これがパソコンブームの火付け役となり、PC-8000シリーズは3年間で約25万台を売り上げています。

この「PC-8000シリーズ」の『PC』は「パーソナルコンピュータ」の略で、日本でパーソナルコンピュータという言葉が使われ始めたのも。この「PC-8000シリーズ」からでした。

タイトルとURLをコピーしました