敬老の日

敬老の日 社会・暮らし

今日は『敬老の日』です。2002年までは、毎年9月15日が敬老の日と定められていましたが、祝日法の改正により、2003年(平成15年)からは、毎年9月の第3月曜日が敬老の日となっています。

敬老の日は、1966年(昭和41年)に国民の祝日として制定されましたが、もともとの由来は1947年(昭和22年)9月15日に兵庫県多可郡野間谷村主催で「敬老会」が開催されたことにあるとされています。

この野間谷村で開催された敬老会は、当時の村長であった門脇政夫が「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨から、この日を「としよりの日」にしようと提案され開催されました。

9月15日という日付が選ばれたのは、日本の第44代天皇である日本の第44代天皇が717年9月15日に養老の滝に行幸し「醴泉は、美泉なり。もって老を養うべし。蓋し水の精なればなり。天下に大赦して、霊亀三年を改め養老元年と成すべし」との詔を出したことに由来していると言われています。この養老の滝は「万病を癒す薬の滝」とされています。

そのほかにも、「聖徳太子が大阪の四天王寺に悲田院を建立した日が9月15日だから」という説もあります。

タイトルとURLをコピーしました