空の日

飛行機 イラスト 社会・暮らし

9月20日は空の日です。1940年(昭和15年)に制定された「航空日」に起源を持っています。

「航空日」は、1910年(明治43年)に当時の大日本帝国陸軍の軍人であった徳川好敏と日野熊蔵の両名が日本初の動力飛行に成功したことを記念して制定されました。ただし、このとき最初に行われた「航空日」の記念式典は9月28日でした。

翌年からは関係省庁の協議により「航空日」は9月20日となりましたが、1945年(昭和20年)の終戦に伴い一時廃止されました。その後、1953年(昭和28年)に運輸省と日本航空協会が中心となり「航空日」を復活させ、再びこの日に記念行事が行われるようになりました。

この「航空日」は航空ファンなどを中心に多くの人々に親しまれてきましたが、1992年(平成4年)に民間航空再開40周年を記念すると同時に民間航空の意義と役割について広く国民の理解を得ることを目的として、「航空日」を「空の日」へと改称しました。

なお、「航空日」や「空の日」が9月20日に制定されたのは、1911年(明治44年)9月20日に発明家の山田猪三郎が開発した山田式飛行船が東京上空を1時間の滞空飛行したことを記念して、この日に決定されました。

タイトルとURLをコピーしました