名古屋闇サイト殺人事件を題材とした映画「おかえり ただいま」今日から公開

名古屋闇サイト殺人事件を題材とした映画「おかえり ただいま」今日から公開 社会・暮らし

2007年の起きた残忍な事件「名古屋闇サイト殺人事件」を題材とした映画「おかえり ただいま」が本日9月19日から東京・ポレポレ東中野で公開されています。

この「名古屋闇サイト殺人事件」の深層にせまる映画は、事件発生直後から取材を続けてきた東海テレビで過去に放送されたドキュメンタリー番組『罪と罰 ~娘を奪われた母 弟を失った兄 息子を殺された父~』に新たに斉藤由貴や佐津川愛美らが出演するドラマ部分を加え再編集されたものです。

名古屋闇サイト殺人事件描く『おかえり ただいま』予告編

名古屋闇サイト殺人事件描く『おかえり ただいま』予告編
スポンサーリンク

名古屋闇サイト殺人事件

2007年(平成19年)8月24日23時頃、愛知県名古屋市で駅から歩いて帰宅途中だった会社員の磯谷利恵(いそがいりえ)さん(当時31歳)が、3人組の男に拉致され殺害された後、岐阜県内の山中に遺体を遺棄された事件。

加害者の男3人は、いずれも消費者金融から借金を重ねており、数千万円の借金を抱えている者もいました。3人は当時問題となっていた携帯電話用の「闇サイト」で知り合い、金品を得る目的で共謀しました。

逮捕された3人は、お互いに責任を擦り付け合い名古屋地方裁判所で開かれた第一審では、それぞれ責任転嫁したうえで、さらに被害者を中傷するような言動をとっており非難されています。3人のうち1人は死刑が確定、2015年に名古屋拘置所にて死刑が執行され、残り2人は無期懲役で現在服役中です。

被害者に遭った磯谷さんは普段は19時30分頃に帰宅していましたが、事件当日は会社の送別会が開かれ、たまたま帰宅が遅くなったところを襲われました。磯谷さんは母親と2人暮らしで、母親のための家を買ってあげたいと800万円の貯金がありました。犯人たちに脅され預金通帳の暗証番号を聞かれても拒み続け、最後には嘘の暗証番号を教えましたが、犯人たちはそれを信じ、女性は用済みと判断し殺害に至っています。

犯人は「黒髪・ストッキングを履いているようなブランド品などを持っていない地味な感じのOLならば相当な貯金額があるだろうから、しばらく拉致・監禁すればある程度のまとまった金額を引き出せるはずだ」として、被害女性に狙いを定めた理由を語っています。

タイトルとURLをコピーしました