オゾン層保護のための国際デー

オゾン層保護のための国際デー 社会・暮らし

9月16日は、「オゾン層保護のための国際デー」です。これは、1987年9月16日にカナダで採択されたモントリオール議定書を記念して、1994年の国際連合総会で定められた国際記念日です。

モントリオール議定書では、オゾン層を破壊するおそれのある「クロロフルオロカーボン」「ハロン」「四塩化炭素」などの物質を指定し、これらの物質の製造、消費および貿易を規制することを目的としました。日本でも、これを受け1988年に、「オゾン層保護法」を制定し、フロン類の生産および輸入の規制を行っています。

また、現在、日本では9月をオゾン層保護対策推進月間と定め、環境省を中心にオゾン層保護やフロン対策などに関する普及啓発活動に取り組んでいます。

タイトルとURLをコピーしました