老人の日

老人の日 社会・暮らし

今日は老人の日です。

2002年までは毎年9月15日は「敬老の日」でしたが、2003年からは国民の祝日に関する法律(祝日法)の改正により、「敬老の日」は毎年9月の第3月曜日となりました。

このとき、「敬老の日」の提唱者である門脇政夫や全国老人クラブ連合会などが、「敬老の日」を移すことに反対していました。そのため、それらの意見を参考に2001年に老人福祉法第5条を改正し、9月15日を「老人の日」、9月15日から21日までの1週間を「老人週刊」と定めました。

「老人の日」や「老人週刊」には毎年、内閣府や厚生労働省、全国老人クラブ連合会などでキャンペーンを行っています。

今年もキャンペーンが行われており、内閣府などでは「キャンペーンが目指す6つの目標」として次の項目をあげています。

  1. すべての高齢者が安心して自立した生活ができる、保健・福祉のまちづくりを進め、ふれあいの輪を広げよう。
  2. 高齢者の知識、経験や能力をいかした、就労・社会参加・ボランティア活動を進めよう。
  3. 高齢者の生きがい・健康づくり、介護予防、感染拡大防止等への取り組みを進めよう。
  4. 高齢者の人権を尊重し、認知症高齢者への支援のあり方や介護問題等をみんなで考え、高齢者や介護者を支える取り組みを積極的に進めよう。
  5. 高齢社会における家族や地域社会等の役割を理解し、多世代がお互いに協力して安心と活力ある健康長寿社会をつくろう。
  6. 減災や防災への取り組みに関心を持ち、日頃から地域でのつながりを築こう。

タイトルとURLをコピーしました