世界の法の日

世界の法の日 社会・暮らし

今日は『世界の法の日』です。

世界の法の日は、1961年に東京で開催された「法による世界平和に関するアジア会議」で制定が提唱されたものです。そして、2年後の1963年アテネで開かれた「法による世界平和第1回世界会議」で可決、1965年に開催された『法による世界平和第2回世界会議』で宣言されました。

この「世界の法の日」は、なんびとも正式な法律以外に支配されることはないという「法の支配」を国際間で徹底させようというもので、国際間に法の支配を徹底させることで世界平和を確立することを目的としています。

なお、日本ではこの日とは別に10月1日を『法の日』としています。

スポンサーリンク

その他の記念日(9月13日)

プログラマーの日

一年の256日目の日であることから、この日を「プログラマーの日」と制定。情報処理ではデータを8ビット単位で処理することが多く、8ビットで表現できるデータの数は256となる。そのため、プログラマーはこの数「256」を好むことが多い。

乃木大将の日

1912年(大正元年)9月13日、明治に活躍した軍人の乃木希典大将が夫人の静子とともに明治天皇の後を慕って殉死した日。なお、乃木大将は「乃木神社」や「乃木坂」に名前を残している。

タイトルとURLをコピーしました