救急の日

救急の日 社会・暮らし

今日は「救急の日」です。これは、9月9日を「救急」と読んだ語呂合わせで、昭和57年(1982年)に厚生労働省によって定められました。

救急の日は救急医療の関係者の意識を高めるとともに、救急医療や救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深めることを目的としています。

総務省消防庁では毎年、救急の日含む1週間(日曜日から土曜日まで)を「救急医療週間」としています。期間中には、全国各地で、消防庁、厚生労働省、都道府県、市町村、全国消防長会、公益社団法人日本医師会、一般社団法人日本救急医学会などにより、各種行事が開催されます。

今年は、9月6日(日)~9月 12日(土)が「救急医療週間」となっており、救急の日の9月9日には、消防庁により救急功労者表彰式が行われます。

スポンサーリンク

9月9日のその他の記念日

重陽の節句

重陽(ちょうよう)は、五節句の一つ。陰陽思想では奇数は陽の数とされ、9月9日は陽数の極である9が重なる日であることから「重陽」と呼ばれる。この日には、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた菊酒を飲んだりし、不老長寿を願う。

世界占いの日

1999年9月9日がノストラダムスの週末の予言の日とされていたことなどから、日本占術協会が1999年に制定。占術の効用を知ってもらい、有効に活用してもらうことを目的としている。

タイトルとURLをコピーしました