防災の日

防災の日 社会・暮らし

1960年(昭和35年)6月11日の内閣閣議により、毎年9月1日を「防災の日」とすることが決められました。9月1日に決められたのは、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんだものでもあり、また、毎年8月31日から9月1日頃は、台風の襲来が多いとされる二百十日にあたり、「災害への備えを怠らないように」との戒めも込められて制定されています。

昭和35年9月1日に発行された官報資料に登載された「防災の日」の創設に関する記述には次のように記載されています。

政府、地方公共団体など関係諸機関はもとより、広く国民の一人一人が台風、高潮、津波、地震などの災害について、認識を深め、これに対処する心がまえを準備しようというのが、『防災の日』創設のねらいである。もちろん、災害に対しては、常日ごろから注意を怠らず、万全の準備を整えていなければならないのであるが、災害の発生を未然に防止し、あるいは被害を最小限に止めるには、どうすればよいかということを、みんなが各人の持場で、家庭で、職場で考え、そのための活動をする日を作ろうということで、毎年9月1日を『防災の日』とすることになったのである

また、防災の日を中心とした1週間が防災週間となっています。防災用品の備えや準備、点検を行い、家族で災害時の行動について話し合うなど、災害についての意識を高めておきましょう。

なお、前述したように大正12年9月1日には関東大震災が発生したことから、9月1日は「関東大震災記念日」にも定められています。

その他の記念日

民放ラジオ放送開始記念日

1951年(昭和26年)9月1日、名古屋の中部日本放送(現:CBCラジオ)と大阪の新日本放送(現:毎日放送)が日本初の民放ラジオとして放送を開始しました。なお、社団法人日本放送協会(NHK)がラジオ放送を開始したのは1925年(大正14年)7月12日のことです。

キウイの日

ゼスプリインターナショナルジャパンがキウイフルーツの消費拡大を目的として制定。日付の9月1日を「キ(ュ)ウ(9)イ(1)」と語呂合わせから。なお、同社はゴールドキウイフルーツを贈る日として5月14日を「ゴールドデー」に、そのお返しとしてグリーンキウイフルーツを贈る日として9月14日を「グリーンデー」に制定しています。

タイトルとURLをコピーしました