桜を見る会前夜祭…安倍元首相どうなる

桜を見る会前夜祭…安倍元首相どうなる 政治・経済

安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭をめぐる問題で、東京地検特捜部が安倍氏本人に任意の事情聴取を要請するなど事態は急展開をみせています。

一連の報道に対してネット上では「逮捕まで秒読み」などの見出しの記事もみかけます。今回の捜査はこれからどうなっていくのでしょうか。

スポンサーリンク

安倍前首相の問題は二つ

問題は二つあります。

一つ目は収支について。今般この催しは安倍前首相の主催となっています。これが仮に赤字であっても収支報告をする必要があります。しかし政治資金収支報告書には一切記載されていません。第一秘書としては不実記載という事になります。この場合修正をする必要がありますが、今更それでいいという訳にはいかないでしょう。

もう一つは飲食を伴った買収であるという事。安倍前首相の元秘書でもある下関市の前田晋太郎市長は「地元の方々に喜んでもらうことが悪いのですかね」と発言したことが原因で炎上しました。問題の本質がわかっていないのも問題なのかもしれません。

ヨーロッパなどではこのような買収が行われることを防ぐために、つけ払いができない国もあります。政治家は厳しく監視され、これに違反すると多額の罰金が科せられます。日本でも政治家を厳しく監視するシステムが必要なのかもしれません。

安倍元首相はどうなるのでしょうか。今後の捜査の進展が注目されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました