米西海岸の山火事、被害拡大で史上最悪のレベル

米西海岸の山火事、被害拡大で史上最悪のレベル 海外のニュース

米西海岸のカリフォルニア州やオレゴン州などで大規模な火災が起き山火事が広がっています。カリフォルニア州消防当局では、山火事は8月下旬以降に多発し7700件を超えている。すでに、東京23区の約20倍に相当する約1万2800平方キロ・メートルを焼失しており、史上最悪のレベルだと発表しています。

これらの火災により、これまでに少なくとも22人が死亡しており、山火事で発生した煙や灰は都市部にも流れ込んでいて、保健当局は、外での運動などを控えるよう呼びかけています。

山火事が広がっている原因は、昨冬の積雪量が少なかったことに加え、歴史的猛暑により草木が乾燥した状況になっているためだとされています。

関連動画
“まるで火星”焼失拡大続く カリフォルニア州山火事

“まるで火星”焼失拡大続く カリフォルニア州山火事

タイトルとURLをコピーしました