無罪判決の被告が有罪を主張

事件・事故

前橋市に住む川端清勝被告(88)は、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われましたが、今年3月に行われた1審の前橋地裁では無罪判決が言い渡されました。この判決に不服だとして検察側は控訴していましたが、今月6日から東京高裁で始まる控訴審では被告側も有罪を主張する異例の展開となっています。

川端被告は2018年1月9日の朝、前橋市内の県道で、自転車で登校中の市立前橋高校の女子生徒2人を乗用車で次々とはね、1年生の太田さくらさん(当時16歳)を死亡させ、もう1人にも重傷を負わせました。

事故を起こした当時、被告は低血圧などの症状で通院し、物損事故を繰り返していたため、家族からも運転を控えるよう説得されていました。

今年3月に前橋地裁で行われた一審判決では、服用していた薬の副作用が事故の原因だと認めらたものの、被告は医師から副作用の説明を受けておらず、事故を起こす危険は予見できなかったと判断され無罪が言い渡されました。

しかし、川端被告の家族は「被害者に申し訳ない」と訴え、控訴審では弁護側も「被告には事故を起こす予見可能性があり、運転を回避すべき義務があった」と有罪を求めます。男性もこの方針に同意しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました