伊勢谷容疑者出演の「いのちの停車場」、カットせず公開

伊勢谷容疑者出演の「いのちの停車場」、カットせず公開 芸能・エンタメ

吉永小百合(75)主演の映画「いのちの停車場」(成島出監督)の撮影現場会見が11日午後、東映東京撮影所(練馬区東大泉)で開かれました。

この映画には、今月8日、大麻取締法違反の疑いで逮捕された俳優伊勢谷友介容疑者(44)が出演しており、6日には都内で伊勢谷容疑者の出演シーンが撮影されていました。

会見では、東映の代表取締役社長の手塚治が挨拶し、伊勢谷友介容疑者が逮捕されたことに「大変ショックを受けております」と話したものの、出演シーンに関しては「製作と配給を担当する東映といたしまして、同俳優のシーンはカットせず完成させ、公開することといたしました」と話しました。

「いのちの停車場」は、南杏子による長編小説を映画化したもので、吉永が救急医を辞め在宅医療に従事する医師を主演し、終末期患者やその家族と真摯に向き合う姿を描いています。2021年公開予定。

原作:いのちの停車場(amazon)

タイトルとURLをコピーしました