関西万博のテーマソングはコブクロ

関西万博のテーマソングはコブクロ 芸能・エンタメ

大阪万博50周年記念式典が10日、大阪府吹田市の万博記念公園で開かれ、吉村洋文大阪府知事や松井一郎大阪市長、音楽デュオグループのコブクロ、デザイナーのコシノジュンコさんなどが出席しました。

この式典で、コブクロの小渕健太郎(43)と黒田俊介(43)はステージ上で、吉村知事や松井市長とトークをしていましたが、途中、小渕は「われわれにできることがあれば何でも」と発言。それを聞いた松井市長は、「何でもやるって言ってましたよね。25年万博テーマソング、コブクロさん」と、いきなり2025年に開催される関西万博のテーマソングに指名しました。

いきなりの展開にコブクロの二人は驚きを見せつつも、黒田が「ぜひ、ありがとうございます」と快諾。小渕も「お母さ~ん」と叫び喜びを見せていました。

しかし、この様子を見ていた吉村知事は「まだ井上大臣の許可を取っていない」と指摘。最後に登場した井上信治国際博覧会担当大臣(51)は「いきなり公式テーマソングとマークのニックネームの公募(コシノジュンコが提案)も決まっちゃいましたから、大阪って怖いところだな」と苦笑を見せていました。

黒田は大阪府堺市出身で、インディーズ時代は小渕とともに天王寺などで路上ライブを行っていました。昨年の大阪マラソンではテーマソング「大阪SOUL」を書き下ろしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました