眞子様の恋のゆくえ

眞子様の恋のゆくえ 気になるニュース

先ごろ、秋篠宮さまがお誕生日会見の際に長女の眞子様のご結婚について、認められるという発言をされました。皇室は日本国憲法の上に成り立っていることから、宮様は「憲法上に結婚は両性の合意のみに基づいて成立する」とあるからには、成人である二人が決めることを親がどうこうできないからと言った内容の言葉を述べられていました。

秋篠宮さま

つまり、結婚はできるということでしょう。

ただ、世間では眞子様に幸せになっていただきたいからこその心配な声も多く聞こえてきます。
それは嫁ぎ先に解決されていない金銭問題があるからです。

金銭的に何不自由なくお育ちになった眞子様には理解ができないことでしょうが、一般的には借りたお金は返すのが筋。また、借りた覚えがなく頂いたのだと言っても、困った時に無心した相手が経済的に困っていると知れば、情のある人間であれば「あの折には用立てていただいたお金で助かりました」と礼を言って、なんとしても返済と言わずも経済的援助をさせてほしいというのが当たり前。

それくらいの男気があってこそ世間は眞子様を安心して送り出せるのではないかと、父上である秋篠宮様もお考えではないでしょうか。経済的に困ったことがあったとしても、それをばねにして、助けてくれた人を大事にすることで、より器を大きくして立派に生きている人たちはたくさんいます。小室さんにも是非そうした人たちのように、さすが眞子様のお相手と世間が納得するようなふるまいをしてもらいたいものです。

タイトルとURLをコピーしました