カート世界選手権でバンパー投げつけ事件発生

カート世界選手権でバンパー投げつけ事件発生 気になるニュース

イタリアのサウスガルダカート場で4日、FIA世界カート選手権の決勝中にコースアウトしてしまった選手が、自車のバンパーを走行中のライバルに向けて投げつける騒動が発生しました。さらに、レース終了後には複数の人物が加わり乱闘騒ぎとなりました。

このレースに出場していたルカ・コルベリ選手は、パオロ・イッポリト選手と接触しクラッシュ。走行不能となりリタイアとなりました。コルベリ選手はクラッシュ後、自車のバンパーを持ちコース脇に近づくと、イッポリト選手が通過するタイミングでバンパーを投げつけレースを妨害。

大事には至らずレースはそのまま続けられましたが、怒りが収まらないコルベリ選手はレース終了後にはイッポリト選手との殴り合いにまで発展。さらには、コルベリ選手の父親であり、このレースが行われたサーキットの所有者でもある人物がイッポリト選手を壁に突き飛ばしてしまいました。

元F1チャンピオンのジェイソン・バトンは、この問題に対して強い非難を表明。「この愚かなふたりを、生涯出場禁止にしてほしいと思う」と語っています。

それらの非難を受けてコルベリ選手は「今後二度とレースに参加することはない」とフェイスブックに引退を表明しました。

(※一連の騒動は下の動画の5時間45分頃から)

FIA Karting World Championship 2020

FIA Karting World Championship 2020 KZ/KZ2/Academy Trophy Sunday

コメント

タイトルとURLをコピーしました